生命機構化学研究室 准教授 村木 則文Norifumi Muraki

村木 則文
学位
博士(学術)
主な学部担当科目
自然科学実験
所属専攻・専修
基礎理工学専攻・分子化学専修
主な大学院担当科目
研究分野キーワード
構造生物化学/蛋白質結晶学/生物無機化学

研究紹介

結晶構造解析等の実験手法を用いて、新規なタンパク質の構造機能相関の解明に取り組んでいます。金属酵素がもつ活性中心を構築する過程や、センサータンパク質がシグナルを感知して伝達する過程を研究対象として、生体高分子がもつ精緻なシステムの理解を目指しています。

職歴・履歴

2005年3月
三重大学生物資源学部生物圏生命科学科 卒業
2007年3月
東京大学大学院総合文化研究科広域科学専攻 修士課程 修了
2009年4月
日本学術振興会特別研究員 (DC2)
2010年6月
東京大学大学院総合文化研究科広域科学専攻 博士課程 修了
2010年7月
日本学術振興会特別研究員 (PD)
2011年4月
日本学術振興会特別研究員 (SPD)
2013年6月
自然科学研究機構 分子科学研究所 特任助教
2016年5月
自然科学研究機構 分子科学研究所 助教
2018年4月
自然科学研究機構 生命創成探究センター 助教
2022年9月
慶應義塾大学理工学部化学科 准教授

現在に至る
この間に以下の職を兼務

2016年5月〜2022年8月
総合研究大学院大学物理科学研究科 助教
2016年5月〜2018年3月
自然科学研究機構 統合バイオサイエンスセンター 助教
2018年4月〜2022年8月
自然科学研究機構 分子科学研究所 助教

業績

【主な受賞】
2008年10月
21th Congress and General Assembly of the International Union of Crystallography (IUCr2008), CrSJ Poster Award
2016年6月
第26回金属の関与する生体関連反応シンポジウム, ポスター賞
2016年12月
8th Asian Biological Inorganic Chemistry Conference (AsBIC8), Best Poster Award (2016)