KONDOH LAB

KONDOH Research Group / Labolatory of Surface Chemistry
Department of Chemistry,
Faculty of Science and Technology,
Keio University

慶應義塾大学 理工学部 化学科 近藤研究室

> NEWS

2022.04.15
日本表面真空学会 2022年度 関東支部講演大会で、村上君(M2)と村野さん(M1)が成果発表を行いました.
2022.03.28
修士2年3名が大学院修士課程を修了しました.おめでとうございます.
2022.03.23
学部4年4名が大学を卒業しました.おめでとうございます.
2022.03.22
日本表面真空学会研究部会とSPring-8ユーザー共同体の合同シンポジウムNanospecFY2021miniで、豊島助教が招待講演、村上君(M2)が成果発表を行いました.
2022.03.14
新しく学部3年4名が研究室に配属になりました.
2022.03.07
2021年度量子ビームサイエンスフェスタで、石井君(B4)と村野さん(B4)が成果発表を行いました.
2021.12.21
Pacifichem2021で招待講演を行いました.
2021.12.11
表面・界面スペクトロスコピー2021で豊島助教が成果発表を行いました.
2021.12.07
8th Annual Ambient Pressure X-ray Photoelectron Spectroscopy Virtual Workshopで豊島助教が成果発表を行いました.
2021.11.05
Photon Factory Highlights 2020に豊島助教のAuPd合金の研究が掲載されました.
2021.11.04
2021年日本表面真空学会学術講演会で記念講演を行いました.
2021.09.22
新しく博士1年1名が研究室に配属になりました.
2021.09.05
第127回触媒討論会で依頼公演を行いました.
2021.05.22
近藤 寛教授が2021年度日本表面真空学会学会賞を受賞しました.
2021.04.01
博士研究員のJiatang Chenさんが着任しました.
2021.04.01
新しく学部4年生4名が配属されました.
2021.03.26
修士2年生1名が大学院修士課程を修了しました.おめでとうございます.
2021.03.23
学部4年生3名が大学を卒業しました.おめでとうございます.
2021.03.11
修士1年の清水君が年2020年度量子ビームサイエンスフェスタで学生奨励賞を受賞しました.
2021.03.10
2020年度量子ビームサイエンスフェスタで河井君(M1), 清水君(M1), 小澤君(B4)が成果発表を行いました.
2021.02.08
修士1年の清水君が, 2021年1月に行われた「JSR2021」にて 学生発表賞 を受賞しました.
2021.01.10
第34回 日本放射光学会年会・放射光科学合同シンポジウムJSR2021で清水君(M1)が成果発表を行いました.
2020.12.17
7th Annual Ambient Pressure X-ray Photoemission Spectroscopy Workshop 2020で豊島助教が成果発表を行いました.
2020.11.18
2020年日本表面真空学会にて,豊島助教と市川君(M2)と江口君(M1)が成果発表を行いました.
2020.09.27
第37回PFシンポジウムに参加しました.
2020.08.17
米国化学会National Fall Meetingで成果発表をしました.
2020.06.15
フォトンファクトリー試行運転ビームタイムに参加して実験を行いました。
2020.04.01
新しく学部4年生3名が配属されました.
2020.03.23
学部4年生5名が大学を卒業しました。おめでとうございます。
2020.03.20
2020年度 日本表面真空学会 関東支部学術講演大会は新型コロナウイルスの影響により中止となりました。
2020.01.23
2020年度 日本表面真空学会 関東支部学術講演大会の申し込みを開始いたしました.3月23日までとなります.
2019.12.11
6th Annual APXPS Workshop (Lund, Sweden)で豊島助教が成果発表を行いました。
2019.12.09
日本金属学会・触媒材料の金属学研究会で「金属触媒表面のin-situ/オペランド計測」の話をさせていただきました。
2019.12.06
表面界面スペクトロスコピー2019(昭島)で豊島助教と江口君(B4)、河井君(B4)、村上君(B4)が成果発表を行いました。
2019.11.30
PF Newsに「軟X線in-situ/オペランド光電子分光による触媒解析」という題で研究紹介が掲載されました。
2019.11.09
表面化学チュートリアル(東大・本郷)で「金属表面化学」の話をさせていただきました。
2019.10.30
日本表面真空学会学術講演会(つくば国際会議場)で市川君(M1)が成果発表を行いました。
2019.10.29
日本表面真空学会学術講演会 International Joint Symposium(つくば国際会議場)で招待講演を行いました。
2019.10.26
韓国光州科学技術院のSimon Mun先生が来られて表面化学セミナーをしていただきました。
2019.09.07
群馬県常盤高等学校の先生と生徒さんが見学に来られました。
2019.07.12
宮城県仙台第一高等学校の生徒さんたちが研究課題の相談に来てくれました。
2019.06.27
日本表面真空学会・第67回表面科学基礎講座で放射光表面構造解析の話をさせていただきました。
2019.06.11
The 1st Workshop of Reaction Infography (R-ing) Unit(名古屋大学)で放射光オペランド計測の話をさせていただきました。
2019.04.25-26
Korean Physical Society 2019 Spring MeetingおよびIBS-KAIST Symposiumで招待講演を行いました。
2019.04.01
新しく学部4年生5名が配属されました.
2019.04.01
新しい助教として豊島遼さんが着任しました.

View more news 

Research Direction


Solid Surfaces

Solid surfaces are special places where solids meet gas and/or liquid and various surface-specific phenomena take place. Chemical reactions at surfaces of functional materials are considered as one of surface-specific phenomena and have been used for a wide variety of chemical processes such as catalytic synthesis, energy conversion, environmental cleanup, sensor and so on. The elucidation of mechanisms of the surface reactions contributes to the progress of fundamental understanding in surface physical chemistry and enables us to develop advanced functional materials with higher efficiencies. For this purpose, surface reactions have been extensively studied by a large number of surface sensitive techniques.





In situ Observations

Each surface reaction usually involves several elementary steps such as adsorption, diffusion, bond formation and desorption. In the past surface the surface reaction was divided into elementary steps and each step was studied in detail using a single crystal surface under ultrahigh vacuum (UHV) conditions. Surface science techniques have capabilities to collect information on surface species at the atomistic level and play a role in structural and chemical analyses for the elementary step. However, in most cases, multiple elementary steps contribute to the surface reaction simultaneously and intertwine with each other. Therefore to understand the surface reaction mechanism, it is desirable to observe the whole surface reaction process with in-situ observation techniques.





Our approaches using surface spectroscopies

Keeping these critical points in mind, we have been working on development of in situ/operando techniques using surface spectroscopies such as synchrotron-based x-ray core-level spectroscopies (XPS and XAS), polarization-modulation infrared reflectance absorption spectroscopy (PM-IRRAS) and their application to mechanistic studies on surface-utilizing functional materials such as heterogeneous catalysts and chemical sensors. A common feature for these techniques is that we can trace changes of surface species under reaction conditions in near-ambient-pressure atmosphere or in liquid circumstance.


XPS at PF BL-13B XAS at PF BL-13A PM-IRRAS



Access

〒223-8522
神奈川県横浜市港北区日吉3-14-1

Adress: 3-14-1 Hiyoshi, Kohoku-ku, Yokohama-shi, Kanagawa 223-8522 Japan

Phone: 045-566-1592